powerd by 楽市360
powerd by 楽市360

病気を防ぐ免疫力

肋間神経痛についていろいろ書いてきましたが、帯状疱疹
のウィルスが活性化するのは免疫力が低下したときだそう
です。

普段からの健康が大切ですね。

スポーツをするのもいいのでしょうが、私は最近ある飲み
物を毎朝、毎晩飲んでいます。

商品名は書くことは出来ませんが、飲む点滴と一部の人達
に言われています。殆んどの薬局で購入できます。
(この商品は現在、メーカ製造中止となりましたので購入は
出来ませ。)

最近はノロウィルスが流行しています。免疫力が予防につ
ながるかは分かりません。

予防には手洗いが大切だと言われています。

私の家族は自宅で温感治療器を愛用しています。多少高価
な商品ですが、内臓を暖めるそうです。

効能はいろいろあるようですが、体調はいいようです。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)

治療と矯正と内臓の健康 

いろいろ調べると、通常は2〜3週間ほど、痛みが生じる
姿勢をしなければ自然に治るそうですね。

家庭で積極的に治すのならば、身体全体を冷やさないよう
に気をつけたり、首や肩、背中を温める。温感療法ですね。

また、予防と治療として、重たい荷物を持たないようにす
る、等のようです。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアと同じではないでしょうか。

場所は違いますが、やはり神経の圧迫による疾患なのです
ね。

ここでは関係ありませんが、椎間板ヘルニアは手術で治り
ますが、ぎっくり腰って手術で直るのでしょうか。

あまり聞いたこてが無いもので。

内臓の疾患が原因になることもあるそうです。肋骨の中に
は内臓が詰まっていて、肋骨に守られ各神経が背骨から伸
びています。

内臓の不調は、背骨の回旋筋という筋肉に影響を及ぼし、
骨の歪みで神経圧迫起こします。

これによって肋間神経痛が出ます。背骨の矯正によって、
症状はいったん治まりますが、内臓の調子によってまた症
状が出てしまいます。

内臓の健康も忘れてはなりませんね。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)

痛みの辛さ

昨年の冬だったと思いますが、私の叔父も肋間神経痛になっ
たというのを聞きました。

正座はもちろん椅子にも満足に座れないため、ロッキング
チェアーのような椅子に分厚いクッションをひいて腰掛け
ていました。

痛みが無くてもいつ何の拍子に痛みが襲ってくるか分から
ないので、行動が制限されるというか自分で制限してしま
うのでとても不自由だったそうです。

ぎっくり腰みたいですね。

そういえばよくシップ薬を貼っていました。シップ薬でも
痛さがまぎれるようです。

あれから一年が過ぎていますが、今はとても元気です。毎
日ジョギングをしているそうです。

かえって回りの家族が心配しています。でも力を急に入れ
たりしないよう気を付けてはいるようです。

ぎっくり腰と同じで本人にしか分からない怖さですね。ぎっ
くり腰を患った人は身近にいるので大変さが良く分かります。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)

治療方法は鍼灸、漢方薬、手術など

治療法は普通はロキソニンなどの鎮痛剤を処方されるよう
です。

風邪をひいたとき鎮痛解熱剤としてもらった事があると思
います。

ひどい場合は神経や神経根をアルコール注射で麻痺させる
事もあるそうです。

鍼灸治療も痛みに対して効果的だそうです。私は鍼灸治療
をまだ一度も受けたことがありませんが。

漢方薬治療も広まっていますね。西洋医学よりは神経痛は
東洋医学のほうがなんとなく合うような気もします。

漢方薬局のホームページも多く掲載されているので検索し
てみるといいでしょう。

ただ漢方って長く飲み続けて徐々に効き目が出るように思
います。

以前風邪をひいた時、漢方薬をもらった事がありましたが、
何週間も苦い薬を飲まされました。私はやっぱり西洋医学
かな。

それに痛くて痛くて今すぐ何とかしてよ、という方に気長
に治しましょうなんて言えませんよね。

即効で効果のある治療法を皆さん選ばれるのでは。

でも西洋医学が進歩しても、東洋医学は神秘的で西洋医学
にはない不思議な効果がありそうに思えます。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)

本人にしか分からない痛さ

肋間神経痛とは、神経痛の一種です。肋骨の間にある神経
が痛む病気です。

痛みが発作的に現れたり、継続する場合もあるようです。

1〜2週間で自然治癒しない場合は内科の病院を受診した方
がいいでしょう。

子供の頃に水疱瘡にかかったことのある方は帯状疱疹(一
度水疱瘡になると、例え水疱瘡が治癒しても水疱瘡のウイ
ルスが神経節の中に潜伏している状態が続き、ストレスや
心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって再活性
化すること)後に激痛が繰り返しあらわれる事が多く見受け
られます。

それ以外にも、肋骨の骨折やひび、背骨の変形、かぜ、肋
骨カリエス、がん、さらに狭心症などが原因で起きる場合
があります。

肋間神経が骨や筋肉にはさまれて圧迫され、炎症を起こす
ことが原因との事。

息をしたり歩いたり、色々な動作のときに激痛が走ります。
息も出来ないくらいの痛みだそうです。

手を伸ばしたり、咳でさえも激痛が走るそうです。会話も
ままならず、寝るときも寝返りもできない。正座も無理。
苦しいですね。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)