powerd by 楽市360
powerd by 楽市360

治療と矯正と内臓の健康 

いろいろ調べると、通常は2〜3週間ほど、痛みが生じる
姿勢をしなければ自然に治るそうですね。

家庭で積極的に治すのならば、身体全体を冷やさないよう
に気をつけたり、首や肩、背中を温める。温感療法ですね。

また、予防と治療として、重たい荷物を持たないようにす
る、等のようです。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアと同じではないでしょうか。

場所は違いますが、やはり神経の圧迫による疾患なのです
ね。

ここでは関係ありませんが、椎間板ヘルニアは手術で治り
ますが、ぎっくり腰って手術で直るのでしょうか。

あまり聞いたこてが無いもので。

内臓の疾患が原因になることもあるそうです。肋骨の中に
は内臓が詰まっていて、肋骨に守られ各神経が背骨から伸
びています。

内臓の不調は、背骨の回旋筋という筋肉に影響を及ぼし、
骨の歪みで神経圧迫起こします。

これによって肋間神経痛が出ます。背骨の矯正によって、
症状はいったん治まりますが、内臓の調子によってまた症
状が出てしまいます。

内臓の健康も忘れてはなりませんね。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)