powerd by 楽市360
powerd by 楽市360

本人にしか分からない痛さ

肋間神経痛とは、神経痛の一種です。肋骨の間にある神経
が痛む病気です。

痛みが発作的に現れたり、継続する場合もあるようです。

1〜2週間で自然治癒しない場合は内科の病院を受診した方
がいいでしょう。

子供の頃に水疱瘡にかかったことのある方は帯状疱疹(一
度水疱瘡になると、例え水疱瘡が治癒しても水疱瘡のウイ
ルスが神経節の中に潜伏している状態が続き、ストレスや
心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって再活性
化すること)後に激痛が繰り返しあらわれる事が多く見受け
られます。

それ以外にも、肋骨の骨折やひび、背骨の変形、かぜ、肋
骨カリエス、がん、さらに狭心症などが原因で起きる場合
があります。

肋間神経が骨や筋肉にはさまれて圧迫され、炎症を起こす
ことが原因との事。

息をしたり歩いたり、色々な動作のときに激痛が走ります。
息も出来ないくらいの痛みだそうです。

手を伸ばしたり、咳でさえも激痛が走るそうです。会話も
ままならず、寝るときも寝返りもできない。正座も無理。
苦しいですね。

(なお、このサイトの情報は一般人の個人的見解ですので、
必ず専門医療機関で診察・診断及び治療をお受けください。)